PAGE TOP

私が20歳の際、背中の痒みがひどく

肌トラブルをメンテナンス

私が20歳の際、背中の痒みがひどく
私が20歳の際、背中の痒みがひどく見てみると多数の吹き出物ができていたんです。

すぐに皮膚科に行きました。その結果、医師から、「吹き出物はニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)です。原因は栄養分の偏りなんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」と怒られてしまいました。チョコが一番ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)が出やすいそうです。
湿疹(アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などの疾患が原因となる他、食べ物のアレルギーやダニなどが原因で起こることもあります)や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これはとても薄い層がいくつも重なってできており、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷をうける確率が高まります。真皮が損傷をうけてしまうと状況は深刻です。


真皮は肌を支える重要な力をなくして、シワやたるみが起こってしまうという訳です。お肌のシミって本当に嫌なものですね。


私の場合、肌をケアする上で、プラセンタ美容液の力を借りています。
洗顔後、素肌に最初にしっかりと染み込ませてから、化粧水、乳液といったものでケアします。高濃度プラセンタ美容液でケアするようになって、肌にぐっと透明感が出てきて、しつこいシミも薄くなってきたようです。基礎化粧品で最初に使うブランドのものは自分のお肌にマッチしているのか不明であるので、使用するのに少し心配があります。店頭での試用ではおぼつかない事もありますねからいつもより少し小さいサイズで、廉価なトライアルキットなどがあれば非常に嬉しいです。ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)ができないようにするためには、多くの種類があります。一番分かりやすいのは、きちんと顔を洗うことでしょう。ただ水で洗顔するだけでなく、洗顔フォームで洗うと、予防には効果的です。

顔を洗い終えたら、化粧水を使うことで、ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)予防効果を更に高めることができます。顔の他に、意外にもニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)ができやすいところは背中だったのです。背中は自分で確認が困難な場所です、背中にニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)ができてしまっても、気づかないことも多くあります。


それでも、背中でもケアをきっちりしなければ跡になってしまうことがありますので、気をつけましょう。



歳を取ると一緒に、お肌に対する不満が増え始めてきたので、化粧水や乳液をエイジングケアの出来る商品に交換したり、美容液やクリームなどもプラスするようになりました。

ただ、美容部員の方からのお話では、大切なのはクレンジングだという話でした。今使っているものを使い終えたら、さっそく探してみようかなと思っています。妊娠の初期はホルモンバランスが乱れてしまいますからニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)が出来やすい肌になります。また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)ができる原因の一つになります。



とはいって、抗生剤などを使用をすることはできないでしょう。ホルモンバランスを正しく整えられるように、この時期にはまずリラックスをして、安静に体を休めておくようにして下さい。どうしてニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)ができるのかという理由のひとつに、乾燥がふくまれています。

原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?と驚いている人もたくさんいらっしゃるでしょう。



もちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって油脂を落としすぎると、今回は肌が乾燥しすぎて、それがニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)ができる原因となってしまうのです。

ここ数年間のことですが、肌のしわのことがすごく深刻に気になってます。



その中でも一番困りものなのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、こまめなスキンケアをおこなうようにしている部分なんですが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿を何より重視するよう頑張っています。


関連記事